高い専門性のため自由な職場環境

パティシエのやりがいは非常に大きいと言われています。
確かに、お菓子作りを職業に選ぶほどお菓子が好きならば、常に好きなものに触れている仕事というのはやりがいがあるに違いありません。
職人が作るお菓子というのは最早芸術品のため、その素晴らしい技巧を間近で見るだけでもモチベーションに繋がるでしょう。

しかし、ただ単純にメンタルの問題ではなく、パティシエは伸び代のある職業だと言われることがあります。
それは専門性が極めて高いということです。
例えば、和食の料理人がフレンチに転向したりする例は数多いですがお菓子作りというのは極めて繊細な技が必要となるため代替えが効きません。
そのため、一度技術を会得してしまえば一生職には困らないと言われています。

金澤幸緒はパティシエとしての技術を積み重ねているため、数多くのホテルを渡り歩くことが出来ます。
気の向くまま自分の商売道具を片手に旅をすることが出来るので彼女の性格に合っているようです。
給料もその高い専門性から高額である場合が多く、悠々自適の生活をしています。
休日には趣味の写真撮影をして、また美しいものを作り出すセンスを磨き出す彼女は、お菓子作りをするために生まれてきたのかもしれません。

金澤さんのページはコチラ