ローン完済前に物件は売れますか?

大部分の方は住まいを買うときにローンの契約を交わします。
その後は長年にわたって返済を続けていくことになりますが、すべて返し終わる前に買い換えをしたくなることがあります。
その際に気になるのが完済前に現在の住まいを売却することが可能なのかという点です。
条件付きではあるものの、ローンが残っていても現在の住まいを売ることはできます。
なお、このほかの不動産の売却に関し、多くの方が気にすることを解決するような情報が、ウェブサイトの不動産売却カウンセラーに集約されていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

どのようにしてローン完済前に今の住まいを売るかですが、ポイントになるのは抵当権です。
抵当権は万が一ローンを返せなかった場合の担保であり、実際に返せない状態になれば競売にかけて貸したお金を回収します。
この抵当権を抹消することにより、売ることができます。
そして抹消するには、ローンをすべて返す必要があります。
今の住まいを売るとともに金融機関が残りのローンの分を引き落として抵当権を抹消する形になります。
ローン残高を売却額が下回れば、不足分を自己資金に充てて対処することが可能です。

そのほか、いわゆる買い換えローンを組む選択肢もあります。
これは現在のローンの残りを、新たに買う住まいのローンに上乗せした額で返済していくしくみです。
ただ、借りる金額が多くなるため、審査を通過するためのハードルはかなり高いです。