資産運用を考えている人に最適のシステム

資産運用をすることに注目が集まっていますが、それは年金不安や終身雇用制度の崩壊、そして、少子高齢化による社会制度そのものの変化に対する備えからです。
今まで通り、正社員で定年まで勤め上げても安定した老後を過ごせるという保証が無くなった現代社会においては、個人による貯蓄が必要になります。

そのために必要となるのが「みんなで大家さん」のような仕組みです。
こちらは不動産投資によって資産運用を行います。一般的な資産運用商品は変動率が高かったり、元本の安全度が高い代わりに高い収益が望めないという特徴を持っています。
そのため、安定した老後を過ごしたいという希望を持っている人には不向きだとされているのです。

その点、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンが特徴的なため、安定した老後に対する備えを行うことが出来ます。
また、「みんなで大家さん」の場合には初期投資額が1口100万円と低額である上に管理も営業者に丸投げ出来るのです。
現金化は営業者に譲渡するだけで簡単に行えますし、価格変動も賃貸利益での評価になるので影響を受けにくいのです。
このような特徴を持っているため、不動産投資に不安を持っている人にも受け入れられています。