卵子提供で子どもを授かるという選択肢

子どもが欲しいという一心で、苦しい不妊治療を長年続けているカップルがたくさんいますが、治療には、精神的、肉体的、経済的な苦痛が常に伴うため、途中であきらめてしまう人も少なくありません。
また、倫理的な観点からも治療法の選択に悩む人もいるでしょう。
その一つが卵子提供です。
自分のDNAを引き継いだ子どもを授かりたいと思っていても、卵子提供以外では授かることが出来ないケースもあります。
病気により卵巣を摘出したり、人工授精や体外受精で成果が出ないなど、不妊の原因や状況はさまざまです。
また、近年、女性の晩婚化や社会進出に伴い、出産年齢も高くなっています。
いつか産もうと思っているうちに妊娠しにくい年齢になってしまっていることもめずらしくありません。
卵子が老化するという事実を知らない人もいるでしょう。
日本では、他人から卵子を提供してもらうことに抵抗がある人も多いかと思いますが、提供された卵子と夫の精子から出来た受精卵は、妻の子宮によって育てられ出産を迎えます。
実際に産み育てるという意味では親子であり、戸籍上も実子なのです。
提供者は20歳から30歳の健康的な日本人女性に限られ、エージェントや提携クリニックでは専門スタッフによるフルサポートを受けることができます。
不妊に悩むカップルにとって卵子提供という選択肢があることは、ひとつの救いと言えるでしょう。

こちらをクリック