ビットコインは決済システム

ビットコインは仮想通貨と言われたり、暗号通貨と呼ばれたりすることがあります。
仮想通貨と言われる理由は、現実の通貨のように硬貨や紙幣がないことを意味していて、暗号通貨と言われる理由は暗号技術が応用されているからだと言えるでしょう。
しかし、実際には通貨と寄りも決済システムというイイの方が強いようです。
ビットコインというコインがどこかにあるわけでもありませんし、その資産価値を誰かが保証してくれるわけではありません。
現金から交換して、そしてそれを別のものに替えるという形がとられるのです。
電子マネーなら、現金と同じだけの価値が保証されていますが、このような保証はなく、相場によってほかの通貨との交換レートが決定されます。
つまり、それ自身の価値は常に変動していて、その価値を担保するものは何もありません。
それをほかの通貨など、ほかの何かに交換することによって価値が生まれるわけです。
例えば商品を買うときに利用したり、あるいは外貨に交換するときに利用したりすることで、初めて価値を持ちます。
このようなことを考えれば、ビットコインはそれ自身で資産を運用するものではなくて、決済をするために用いられる通貨だと言えるのです。
http://xn--eck3a9bu7cul.pw/